森の上に吹く風は

2015年産から一口馬主始めました。夢は愛馬とブローニュの森へ行く事(笑)

レザンクレール 3歳未勝利戦で5着

出資馬レザンクレール(3歳牝・西村)が 6/9 京都4R・3歳未勝利(牝・1600m)に出走して5着(4番人気)でした。

 ・父:キズナ  ・母:マンビア  ・母の父:アルデバラン
 ・厩舎:栗東 西村真幸  ・生産:ノーザンファーム

(キャロット公式)
24/6/9  西村厩舎
9日の京都競馬ではまずまずのスタートから出たなりで中団につける。道中は行きたがるのをなだめつつの追走になり、外を回って直線を向くとジリジリ伸びたものの5着。
「返し馬からちょっとテンションが高いところを見せていたのでどうかと思ったのですが、やはりかなり行きたがっていましたね…。能力的にはこのクラスにいる馬ではないのですが、気持ちの面だけですね。きょうだいもけっこう気性面が課題の馬が多いですし、ここはどうしても課題になってきますから、使いつつ心身が成長してくれればと思います」(西村淳騎手
「今日は申し訳ありませんでした。調教ではうまくなだめながら折り合いもついて調教できていたのですが、やはり実戦となるとまた違いますね…。能力の高さは十分感じるだけにもどかしいですが、調教でも工夫しつつ、心身の成長を促していければと思います。この後は馬体を確認してから、リフレッシュを挟んだ方がいいかどうか決めていきます」(西村師
調教の雰囲気は良く、一度使った上積みにも期待していたのですが、道中は行きたがる素振りを見せて折り合いに苦労していました。最後はその分伸びを欠く形になりましたが、課題ははっきりしていますし、使いつつの前進に期待したいと思います。この後は馬体を確認してから検討します。

 

レザンクレールの2戦目。スタートは良かったのですがかかり気味、向う正面では西村騎手がかなり抑えて苦労していました。

道中かかっていたので、最後の直線では伸びませんでしたね。

馬体重も420㎏(前走時と同じ)とあまり成長を感じられません。

1200m、1600mと適距離を探るような使い方ですが、未勝利戦期間まで時間がありませんので、次は勝てるようなレース選択をして欲しいです。

お疲れ様でした。(/・ω・)/