森の上に吹く風は

2015年産から一口馬主始めました。夢は愛馬とブローニュの森へ行く事(笑)

コスタレイ 引退

出資馬コスタレイ(4歳牝・池上)の引退シルクホースクラブより発表されました。

 2024-2-11 4歳上1勝クラス(東京)

(シルク公式)

池上昌和調教師「装鞍所で鞍を付けると少しずつ気持ちが入ってきましたが、それまでは落ち着いていましたし、馬体重も前走で減ってしまった分戻りましたから、良い雰囲気でしたね。返し馬でも我慢できていましたし、前走の様に気持ちが昂り過ぎることなくレースに向かうことが出来たと思います。ただ、スタートがそこまで速くないので、内枠だけが懸念点でした。もし後方から進める形となれば、そこで揉まれずスムーズに運べると思っていたものの、1コーナー手前で揉まれる形となり、リズムを崩してしまいました。その後はスローペースとなりましたから、捲っていく形となりましたが、リズムを崩したまま走ってしまっていたので、手前をコロコロと替えていた様に、やはり走りのバランスがしっくりきていなかったのかなと感じます。また、勝ち馬にピッタリマークされて目標にされてしまいましたし、過去のレースと同じ様な形で負けてしまいました。ですが、気性面はこの馬なりに落ち着いた状態で出走できましたし、馬体も戻すことが出来ましたから、そこは良かったと思います。トレセンに戻ってよく確認したところ、左前脚の繋ぎ付近に腫れが見られます。しばらく軽めのメニューで様子を見ていましたが、腫れが引いてこない状況だった為、獣医師に詳しい検査を行ってもらったところ、浅屈腱炎の診断が下りました。このような形になってしまい、申し訳ありません。症状的にも軽いものでは無く回復までにかなり時間を要する見込みですし、繁殖としての仕事が待っている馬ですから、無事に次のステージへ上げてあげる方が良いかと思います」

上記のように繋部浅屈腱炎の診断がおりたことから、今後について協議した結果、誠に残念ではございますが、このまま引退させることといたしました。今後は繁殖牝馬となる予定ですが、詳細は後日メッセージボックスにて出資会員の皆様にご案内申し上げます。

 

戦績:7戦2勝(2-2-2-0-1-0)

脚元が弱くなかなか仕上がらずにデビューは3歳4月。初勝利は3戦目の8月新潟芝2400mで、未勝利期間ギリギリで勝ち上がってくれました。

間隔をあけて使いつつ、5戦目の東京芝2400mで2勝目を挙げてくれました。

上にダノンベルーガ、下にボンドガールの良血馬で古馬戦線で期待していましたが、浅屈腱炎を発症し、トータル7戦で無念の引退になりました。

能力が非常に高いと思いますが、やはり脚元の弱さが最後まで響きました。

すっぱりと引退を決断したのは繁殖牝馬としての期待の高さかもしれません。

シルクは母馬優先制度がないので子供に出資できるかはわかりませんが、もし募集されることがあれば是非出資したいですね。

関係者の皆様、長い間ありがとうございました。

お疲れ様でした。