森の上に吹く風は

2015年産から一口馬主始めました。夢は愛馬とブローニュの森へ行く事(笑)

レプリューム 3歳未勝利戦で3着

出資馬レプリューム(3歳牝・池添学)が8/20 札幌7R・3歳未勝利(芝2000m)に出走して3着(9番人気)でした。

  父:シルバーステート  母:ギエナー

  母父:Redoute's Choice (AUS)

  厩舎:池添 学/関西  生産:ノーザンファーム

(DMM公式)
8月20日の札幌7R・3歳未勝利に出走。結果は3着でした。
鮫島克駿騎手「歩様が硬くて脚を取られる場面があったので気合で乗りました。流れが落ち着き、手応えを残して直線を向けたのですが、逃げた馬にとってもあまりに楽なペースでした。何とか勝たせたかったので残念です。馬がつまずきそうだったので、正直なところ次にまたびっしり追える自信がありません。ただ、それならダートの方がいいのかと言われると、芝の方がいいと感じます」
池添学調教師「状態は良かったですし、精一杯の走りを見せてくれました。流れも良かったですし、何とか踏ん張ってくれましたが、勝てなかったのが悔しいです。騎手は歩様が怖かったということで、少しでもネガティブな感触を持っているのが嫌なので次は騎手を替えます。札幌最終週の芝2000mでラストチャンスをください」
 
脚元が弱くまだ3戦目のレプリュームですが、3歳未勝利戦の期間が迫っています。
池添学調教師は2週後の札幌最終週がラストチャンスと言ってますが、鮫島騎手がびっしり追えないと話しているのは気になります。
持ち込み馬の母ギエナーも3戦で引退したので脚が心配です。
能力は高そうなのですが、コンスタントに使えないのがもどかしいですね。
出資馬なので長く現役を続けて欲しいので、無理せず10月あたりのローカル芝2600m戦辺りを格上挑戦で狙っても面白いと思いますが、繁殖にも期待出来そうな血統なのでラストチャンスで勝てなければサラオク行きも覚悟しないといけませんね。
お疲れ様でした。(/・ω・)/

イエルバブエナ 2歳新馬戦優勝

出資馬イエルバブエナ(2歳牡・須貝)が8/20の新潟3R 2歳新馬(ダ1800m)に出走して優勝しました。

2歳 鹿毛 2020.02.09生 栗東須貝尚介
父:マジェスティックウォリアー 浦河産
母:ミンティエアー 栗東トレセン在厩
 
(母の父:アグネスタキオン

(広尾サラブレッド公式)

22.08.20
五分のスタートから、道中は好位4~5番手を追走。3角より内に進路を取って逃げ馬の背後まで押し上げると、ゴール前できっちりと捕らえ切り、見事に新馬勝ちを収めています。
「序盤は砂をかぶって頭を上げましたが、外に出したら落ち着いてくれました。最後は何とか差し切れて良かったです。毎週、担当の厩務員さんと相談しながらやってきましたからね。人も馬も頑張ってくれましたので、この勝利は嬉しいです」(М.デムーロ騎手
「外へ行ったり、内へ行ったりと、競馬自体はまだ褒められたものではありませんでしたが、まずは新馬戦を勝たせるために、ここに照準を合わせてやってきたわけですからね。豊富な乗り込み量で臨んだ甲斐がありました。これからレースに慣れてくれば、上を目指していけるのではないでしょうか」(須貝調教師
◆欲しいポジションが取れたとは言え、道中は実戦経験のない2歳馬のそれでしたし、逃げ馬が残しそうな展開もあって早めから動いて行く苦しい形。それでも最後の最後でクビ差交わして“新馬勝ち”の勲章を掴み取ってくれました。なお、このあとは、「みっちり乗り込んできたことですし、当面はダートの適鞍もありませんので、いったん放牧を挟んで英気を養い、次を考えていく」(調教師)予定になっています。(HTC)
 
調教も良く1番人気(2.0倍)に押されたイエルバブエナ。鞍上は調教もつけてくれたミルコ・デムーロ騎手で臨みました。
道中は1番人気らしく他馬にマークされているようで走りにくそうでしたね。
4コーナーは素晴らしい位置取りでさすがミルコだと感じました。
1完歩づつ逃げ馬に詰め寄り、ゴール前でキッチリ差して新馬戦勝利を飾りました。
出資時と比べあまり馬体重が増えていなかった(466kg)ので心配していましたが、まずは勝ち上りを決めてくれたので、少しゆっくりして成長を促して欲しいです。
2歳新馬勝ちは2020年のコートダルジャン以来、ダートの2歳新馬勝ちは2018年のガルヴィハーラ以来になりました。
ガルヴィハーラは全日本2歳優駿で3着(1番人気)に敗れましたが、イエルバブエナもダートの大きな所を狙えるようになってくれたら嬉しいですね。
関係者の皆様ありがとうございました。お疲れ様でした(/・ω・)/

シルクホースクラブ 2022年度出資確定

シルクホースクラブ2022年度1次募集馬の抽選結果が届きました。

14頭中、7頭の出資が確定しました。(2021年度は14/7頭、2020年度は16/6頭、2019年度は10/3頭、2018年度は9/6頭)

【出資確定馬】

ブリスフルデイズ21(父:エピファネイア

イストワールファム21(父:サトノダイヤモンド

ルナリア21(父:ニューイヤーズデイ)

イルーシヴグレイス21(父:レイデオロ

アガルタ21(父:スワーヴリチャード)

ボニーゴールド21(父:エピファネイア

ショウナンパンドラ21(父:レイデオロ

以上の7頭に出資が決まりました。来年のデビューに向けて全馬無事に成長していって欲しいです。

優馬ロッテンマイヤー21に行きましたが落選でした。(´;ω;`)

シルクの抽優馬は2年連続で落選していたので今年は獲れそうな仔にいったつもりでしたが完全に票読みに失敗して3年連続の落選になってしまいました。

昨年と同じく牡馬2頭、牝馬5頭とバランスは悪くなりました。

当選した仔の紹介はおいおいやっていきたいですね。

シルクのドラフトが終了し、キャロット~インゼルと暑い夏はまだまだ続きそうですが、そろそろ予算がヤバいです。

DMMバヌーシー 2022年度出資確定

DMMバヌーシー2022年度募集馬の出資受付が始まりました。

 2022-8-9 募集スタート

今年は8/9の18:00から受付でしたが、昨年のようなサーバーメンテナンスにもならずにサクサクとログイン出来ました。

あっという間にカンデラ21(父レイデオロ)が満口になりましたが、今回の狙いは別の仔でしたのでのんびりとサイトを眺めていました。

本当はシルクの結果を見てから応募したかったのですが、狙い馬はシルクの結果まで待ってくれなそうだったので2頭の仔を🔘ポチりました。

 

 【出資確定】

シンハディーパ21

父 レイデオロ

母 シンハディーパ  母父 ウォーエンブレム

生産 ノーザンファーム  育成 ノーザンファーム

厩舎 国枝栄/関東

(DMMバヌーシーサイト)

祖母シンハリーズから派生した一族はJRAでデビューした19頭中15頭が勝ち上がり、シンハライト(オークスローズSチューリップ賞)、リラヴァティ(マーメイドS)、アヌラーダプラがオープン馬になりました。シンハリング福島牝馬Sで4着に食い込んでおり、高確率かつ長打力を秘めた稀有な血脈と言えます。

父にダービー馬レイデオロを迎えた本馬が目指すのは、もちろん2024年の日本ダービー。姉も管理する国枝栄調教師の夢を乗せ、トレーナー直々の指名を受けてセレクトセールでの落札となりました。

父が替わり、軽さと鋭さが加わった本馬は、東京コースの長い直線で瞬発力を存分に発揮してくれることでしょう。1000勝トレーナーとともに頂点を目指せる逸材です。

 

ヴィラ21

父 ニューイヤーズデイ

母 ヴィラ  母父 ディープインパクト

生産 ノーザンファーム  育成 ノーザンファーム

厩舎 茶木 太樹/関西

(DMMバヌーシーサイト)

注目の輸入種牡馬ニューイヤーズデイが、日本での初年度産駒を送り込んできました。 ブリーダーズカップジュヴェナイルを制した米国馬の父は、わずか3戦のキャリアで種牡馬入りすると、2世代目の産駒からエクリプス賞最優秀3歳牡馬Maximum Securityを送り、日本から白羽の矢が立つこととなりました。

ダート色が濃い血統ですが、本馬は芝向きのスラッとしたタイプに出ており、他の産駒とは一味違うところをのぞかせています。ファルコンSを逃げ切った半兄ルークズネストのように、芝でスピードを生かすタイプに育つ可能性も十分でしょう。

半兄ペコリーノロマーノ(父ロードカナロア)は3勝を挙げており、母の半弟シンギュラリティは条件馬ながら1億2000万円近くを稼ぎました。堅実な走りを見せる母系に目を背けない方が良さそうです。

 

★最近出資馬が牝馬に偏りがちということもあり、どうしても牡馬が欲しかったのでDMM2頭の牡馬に出資しました。

2頭とも新種牡馬の産駒になりました。

種牡馬の中でも注目していた3頭の内、レイデオロニューイヤーズデイの牡馬に出資出来たので良かったです。(もう一頭はブリックスアンドモルタル

今年は社台サラブレッドクラブに入会したので出資馬を少なくするつもりでしたが、いざ募集が始まると我慢できませんでした(笑)

偶然かもしれませんが、シルクの発表直前に募集開始とはDMMは戦略的にも優れていますね。

シルク発表~キャロット募集開始と一口民の暑い夏はまだまだ続きます。(/・ω・)/

2022年崖っぷち馬

8月になり3歳未勝利戦の番組が残り1ヶ月になりました。

毎年恒例の崖っぷちっ仔を紹介します。毎年この記事を書くのはとても憂鬱ですが、今後の一口ライフの為に書いていきます。

2020年にはレッドエランドールが地方の園田にファンド継続のまま転厩し2連勝を飾りJRAに復帰しました。1勝クラスで戻ってきてからも新潟ダート1800mで勝ち上がり、現在も2勝クラスで頑張ってくれていますので、3歳未勝利戦期間に勝ち上がりが出来なくても長い目で見てあげて欲しいですね。

 JRA2022「HERO IS COMING」

 

ブロードリーチ(成績 0-2-0-2)  【キャロットクラブ】

 2022-6-19 東京競馬場

(キャロット公式)

22/8/2 NF天栄

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。

「この中間の用心して対応していますが、いい意味で変わりはありません。調整のほうは、乗りとトレッドミルを並行する形で行っています。負荷をかけるのはトレッドミルを軸にしていて、スピードを出して心肺機能を鍛えるようにしています。馬体重は444キロです」(天栄担当者

★未勝利戦で2着2回と勝ち上がりが期待できますが、小さい仔で調整が難しいようです。この仔が勝ち上がらないと2019年産のキャロットの仔がいなくなりますので頑張って欲しいですね。

 

リヴィア(成績 0-2-0-2)  シルクホースクラブ

 2022-6-12 中京競馬場

8/7 新潟4R  3歳未勝利戦(芝2000m)に出走して8着(4番人気)でした。

(シルク公式)

シャドーロールチークピーシズ着用。スタートで横の馬と接触するも、馬のリズムに合わせて中団後ろからレースを進めます。3コーナー辺りから鞍上の手が動くと、直線では大外から懸命に追い込んでくるも8着でゴールしています。

安田翔伍調教師「行きっぷりを良くするため、この中間はチークピーシズを着用しましたが、それ以前に高速馬場で息を入れる余裕がありませんでしたし、なかなか抱えるようなところも無かったですね。北村友一騎手も速い馬場でこの馬の良さが活きなかったことを一番の敗因に挙げており、私もそこがネックになってしまったのだと感じました。その他、ジョッキーのコメントは『ポジション的にはもう1,2列前で運びたいと考えていました。ただ、出して行くと終いは甘くなる馬ですし、前半の行きっぷりを踏まえると、あの位置が限界ですね。ゴール前は止まっているように感じるかもしれませんが、決して垂れていませんし、推進力はありました。もう1段ギアが上がってくれると良いのですが・・・』との事でした。牧場からかなりふっくらとした状態で戻ってきたので、攻め馬は加減すること無くできたものの、それを今日は活かせませんでした。この後についてはトレセンへ戻ってから状態を確認した上でどうするか決めたいと考えており、またご相談させてください」

★中京芝2200mで2着が2回あり今回のレースは期待していましたが、新潟の高速芝は合わなかったようですね。位置取りも後ろでしたし特別キレる脚も無いのでもっと前目で勝負して欲しかったです。

あと1か月の間にチャンスがあるかわかりませんが、札幌芝2600mなんかが合っていそうですので是非挑戦して欲しいです。

 

未勝利戦で2着が何回あろうと勝ち上がれなければこの先のレースへの出走が難しい世界ですので、何とか1着を取ってもらいたいですね。

がんばれ~(/・ω・)/

フェルミスフィア 新潟日報賞で優勝

出資馬フェルミスフィア(5歳牝・木村)が8/6 新潟11R  新潟日報賞(4歳上3勝C・芝1400m)に出走して優勝(12番人気)しました。

(キャロット公式)

6日の新潟競馬では五分のスタートを切り、リズムを整えるように中団後方から進める。直線へ向き外に出して追うとよく伸びて見事に優勝。前走で久しぶりの勝利を挙げてくれ、前週重賞初制覇を成し遂げた鞍上の勢いも加えて今回のレースへ臨みましたが、さすがに3勝クラスとあってそう簡単ではないだろうとは思っていました。それなので、今後につながる、糧となるレースになってくれたらと思っていたのですが、見事にここも勝利してくれました。本馬の成長はもちろんのこと、陣営が苦労しながら取り組んでいることが段々と実になってきているのは間違いないと思いますが、このコンビで臨みだしてレース内容が変わってきたことを考えるとこの出会いは大きかったのではないかと感じます。次走からはオープンクラスとなり、壁はさらに高くなりますが、またいい走りを見せてもらえたらと願っています。この後についてはレース後の状態をよく見てから判断していきます。

 

前走の高尾特別で優勝した杉原騎手を背に12番人気でしたが見事に差し切ってオープン入りを決めてくれました。

杉原騎手は先週アイビスサマーダッシュ(G3)を勝ち重賞初勝利を決めてのっていましたね~。

これで通算4勝目になります。現役生活はあと半年しかありませんが、オープンのレースも楽しみですね。

関係者の皆様、ありがとうございました。お疲れ様でした(/・ω・)/

 

 

このレースには出資馬のレッドクレオ(6歳牡・蛯名)も出走していて5着(13番人気)でした。

 父・ハーツクライ 母・サセッティ 母父・Selkirk 生産者・ノーザンファーム

(東サラ公式)

蛯名正調教師「間隔が詰まっている中でもしっかりやっての馬体重増ということで今は状態がいいですね。ただ、今週の追い切り後から珍しく鳴いたりピリピリするようなところが出ていたので心配していたのですが、それも状態が良くて体が動くが故のことだったようです。ゲート自体は出ているのですが、ちょっと周りを気にしたようでバランスが悪くなってしまったので後ろになりましたが、その時点で内田騎手は切り替えて急かさずリズムを取って進めてくれたようです。今日は流れも速かったので、前回同様仕掛けつつだったようですが、以前あったコーナーでのしぶさを見せることもなく、上手く外に誘導してからは今までにない脚を使ってくれましたね。あの脚を見ると最初もう一つ前のポジションを取れていたらとも思いますが、まだまだやれるというところは見せてくれました。内田騎手の話ではワンターンの大きな競馬場でじっくり乗れば確実に脚は使えそうということでしたよ。どうしてもトモが緩く嵌るのに時間がかかるので、道中じっとできて直線勝負という競馬場のほうが合っているのかもしれません。今日は斤量も軽かったですし、前が潰れる展開が向いたのも確かですが、クレオス自身あの脚を使えたというのは大きいと思います。上りの歩様が少し硬く感じたので、戻っての状態を良く見ていき、続けていくのか一息入れるか決めるつもりでいます」

 

レッドクレオスは藤沢和雄厩舎に所属していましたが、藤沢先生の定年で今年の3月に蛯名厩舎に転厩しました。

前走バーデンバーデンカップ(3勝クラス・福島芝1200m)で3着になっていました。

東京コースが合っていると思いますので、秋競馬でオープン入りして欲しいですね。

お疲れ様でした。(/・ω・)/

キャンディフロス 引退

出資馬キャンディフロス(5歳牝・黒岩)の引退シルクホースクラブより発表されました。

 2019-9-28 中山競馬場

募集馬名 ミオリチャンの17
マジェスティックウォリアー
(母の父) ミオリチャン(スウェプトオーヴァーボード)
性別 メス クラス 1勝クラス
厩舎 美浦 黒岩陽一 生産 社台ファーム
毛色 芦毛 生年月日 2017年5月5日
欧字馬名 Candy Floss 意味 綿菓子。本馬の馬体より連想
募集総額 1,200万円 一口出資額 24,000円

(シルク公式)

2022.08.01 レース結果

7/30(土)新潟12R 3歳上1勝クラス〔芝1,000m・18頭〕13着[13人気]

ブリンカー着用。まずまずのスタートを切ると、道中は中団後ろ寄りからレースを進めます。追い出されてからも脚色は変わらず、中団後方のままゴールに流れ込んでいます。
黒岩陽一調教師「スタートはこの馬なりに出てくれているのですが、この条件ですから他の馬の方がダッシュが良く、少し後ろ寄りからレースを進める格好になりました。課題だった集中力という点については、最後まで気持ちが途切れることなく走れていて、その意味ではこの条件は良かったものの、最初から最後までずっと同じスピードで走り切ってしまっている感じでした。松本大輝騎手は、『開幕週のパンパンの良馬場よりは、もう少し時計の掛かる条件の方が良さそうですね。そういった意味では芝よりもダートの方が良いのではないでしょうか』と話していたものの、これまでもダートを試してみて結果が伴わず、この条件で新味が出せればと思ってチャレンジさせていただいたのですが、良い走りをお見せ出来ず申し訳ありません。内外の枠の差も多少はあったかもしれませんが、もし外枠に当たっていたとしても逆転までは至らなかったでしょうし、この条件でも難しいとなると、なかなか厳しい状況になってしまいました」

近走の競走内容を踏まえ、今後について協議を行った結果、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。近日中に競走馬登録を抹消し、4日(木)のサラブレッドオークションに上場する予定です。なお、規約に基づいて提供牧場に募集価格の10%で買戻され、この買戻し額が引退精算時に分配金の対象となります。サラブレッドオークションにおいて、この買戻し額を上回る金額で落札される場合もございますので、予めご承知おきください。詳しいご案内は後日書面にて出資会員の皆様にご案内申し上げます。

 

戦績:8戦1勝(1-1-0-0-0-6)

デビュー戦は2019年9月28日中山競馬場・芝1200mの新馬戦をミルコ・デムーロ騎手で快勝しました。

しかし、3度の骨折など度重なる怪我で快速を生かしきれませんでした。

陣営はダートに挑戦するなどしてくれて中山ダート1200mの1勝クラスで2着など復活を信じてくれていましたが、2021年~2022年は二桁着順が続き残念ながら引退となりました。

今後はサラブレッドオークションに上場されるようなのでどうなるかはわかりませんが、繁殖にあがるならミスアルダント~ミオリチャン~キャンディフロスと続く快速を生かした仔の誕生が待ち遠しいですね。

お疲れ様でした。